TOPICSトピックス

CanonicalとUbuntuプリインストールモデル展開で協業

2022/04/02
32機種のUbuntu認証済みモデルの販売を開始

アドバンテック Ubuntu認証 PC発売

アドバンテック(本社:台湾 2395.TW)は、Canonical社との協業により、Ubuntu OS認証済みプリインストールモデルの展開を進めることを発表いたします。

 

これはアドバンテックの組込みボードやエッジコンピュータ(2022年4月時点で32機種)に対して、多様なエッジコンピューティングアプリケーション向けのOSとしてグローバルに普及が拡大している、Ubuntu Linux OSを個々のハードウェア構成に合わせた構成でビルド・プリインストール。 CanonicalによるUbuntu認証がなされた状態でのワンストップモデルの販売となります。

 

Ubuntu Logo

Ubuntuの発売元であるCanonicalは、アドバンテックの製品を認証することで、AIロボット、製造業、ミッションクリティカルアプリケーション分野のユーザーに対して、最大10年間*のLinuxセキュリティとアップデート機能をサポートします。

 

*Ubuntuの10年サポートは、無償アップデートサービス5年に加え、脆弱性対応継続提供オプション (最大5年分) の契約を個別追加いただく必要があります。

Ubuntu認証済みPCで、市場投入までの時間を短縮
Ubuntu認証されたアドバンテックの組込みPCラインナップ

Canonical社によりUbuntu認証されたアドバンテックの組込みPCラインナップ

 

アドバンテックとCanonicalは、Linux OSを利用するユーザーに、迅速な開発環境の構築。システムの市場投入・量産展開を実現するために今回の協業を開始。ハードウェアにLinux OSのビルド、設定を行う時間や、動作確認・評価を行う時間の節約をすることができます。 Canonicalは認証にあたって、対象システムに対してUbuntuの個々のI/Oが正常に機能するか等、産業用グレード基準を確認するテストを実施します。このハードウェアに最適化・認証された状態のUbuntuを組込みPCとセットで提供することによって、ユーザーは、各自でのOSビルドを検証のプロセスを従来の10日間から1日間に短縮*します。 さらに、量産段階では、1台あたり30分以上のOS構成に関する生産時間の短縮*が可能です。(*アドバンテック・Canonicalベンチマークによる)

Canonicalアドバンテック両方に支えられた
信頼性の高いセキュリティアップデート

セキュリティ侵害を防ぎ、システムの機能を維持するために、システムオーナー・装置メーカーは、自社の開発したLinux搭載デバイスを常に最新のソフトウェアに更新する必要があります。そのため、Canonicalとアドバンテックは、IoTデバイスや組込みシステム向けに設計されたトランザクション版UbuntuであるUbuntu Coreを認定しました。Ubuntu Coreは、セキュアブート、フルディスク暗号化、安全なデバイスリカバリー、クラウド型CI/CD(Continuous Integration:継続的インテグレーション、Continuous Deployment:継続的デプロイ)サービスによる無線でのトランザクションソフトウェア更新を提供し、アップグレードリスク低減とオンサイト修復の必要性を軽減させるものです。

 

Canonicalは、Ubuntuのリリースライフサイクルを通じて、認証済みハードウェアの継続的なリグレッションテストを提供します。これにより、過去バージョンとの互換性を保証した上で、最大10年間のセキュリティアップデートをサポートします。また、アドバンテックは、Canonicalが提供するIoTデバイスとUbuntu OSのワンストップ・アフターサービスを提供しています。

Linuxシステム開発フローを簡素化

 

Ubuntuデスクトップイメージ

Ubuntu デスクトップイメージ

 

アドバンテックとCanonicalは、限りあるプログラミングリソースの中で、メーカのエンジニアは、自社のコアコンピタンス追求・アプリケーションの構築に経営資源を集中する事が重要と考えています。 そのエンジニアのワークフローを簡素する対応として、アドバンテックによるOSカスタマイズサービスも進めています。 ハードウェアとの互換性・認定が取れたUbuntuイメージのビルド。 アプリケーションシステムへのデバイスRAS情報を連携するためのAPI群、更にはデバイスのリモート監視をスピーディーに実現するためのリモート監視コンポーネント群(DeviceOn)などの組込みなど、システムのニーズに合わせた多彩なソフトウェアデザインサポートを提供可能です。

 

また、UbuntuのSnapcraftストアを活用すれば、200以上のすぐに使えるAI x IoT管理ソフトウェアが提供されます。

 

今回の協業はグローバルに展開されます。日本国内のサービス開始にあたっては、Canonical Japan社とアドバンテックより以下のコメントを出しております。


Canonical logo

 

Canonical Japan株式会社
リージョナルセールスマネージャー

柴田 憲吾

 

日本市場で両社のソリューションを提供できることに期待しています。

サーバー領域でUbuntuが実現したソフトウェア主導のオープンで革新的な仕組みを

エッジ・デバイス領域のお客様にもお届けできることを嬉しく思っています。


Advantech Logo

 

 

 

アドバンテック株式会社 

エンベデッドIoT事業部 統括責任者

マイケル レイ

 

今回、多くのアドバンテック製品がCanonical社によってUbuntu認証頂けた事、この両社の協業体制の実現に誠に感謝しております。 今回のUbuntuビルド済みのパッケージをバンドルで提供するサービスは、ユーザーの市場投入までの時間を短縮でき、メーカーの競争力強化へのアドバンテックからの一助になると考えています。


Ubuntu搭載の組込みボード&PC

 

MIO-5393
3.5” SBC


  • 第9世代/第8世代 Intel Xeon / Coreプロセッサ
  • GbE x2、USB x6、UART x2、CAN、I2C、TPM
  • M.2 x2 WiFi & LTE/SATA/NVMeストレージ

 

製品の詳細 ▶

MIO-5375
3.5” SBC

 

  • 第11世代Intel® Core™ Uシリーズ(i3/5/7/Celeron)
  • GbE x2、USB x6、Type-C、UART x4、CAN、I2C、TPM
  • M.2 E/B/M-Key WiFi、LTE、NVMeストレージ

 

製品の詳細 ▶

MIO-2361
Pico-ITX

 

  • Intel Atom E3900 シリーズ、N4200 & 3350
  • 最大4GBのLPDDR4-2400オンボード、最大64GB eMMC (TBC)、GbE x2、UART x2、 TPM
  • M.2 & mPCIe WiFi & LTE/ストレージ

 

製品の詳細 ▶

 

 

SOM-6872
COM Express

 

  • AMD Ryzen V2000 プロセッサ
  • 最大64GB DDR4 SO-DIMM
  • 4つの独立表示出力、USB 3.2 Gen2 x 2、16レーンのPCIe x1 Gen3、TPM

 

製品の詳細 ▶

MIO-5373
3.5” SBC

 

  • 第8世代Intel Core Uシリーズ プロセッサ
  • GbE x2、USB x6、UART x4、CAN、I2C、TPM
  • M.2 x2 WiFi & LTE /SATA /NVMeストレージ

 

製品の詳細 ▶

UTX-3117
EPC

 

  • ファンレス設計
  • 最大 8GB デュアルDDR3L 1867MHz(2x 204-pin SO-DIMM)
  • 2 x COMポート、1 x HDMI、1 xディスプレイポート、2 x USB3.0、TPM、DC入力 12~24V

 

製品の詳細 ▶

 

 

EPC-S202

EPC

 

  • 32GB eMMC & 最大4GB LPDDR4(オンボード)
  • M.2 E-key、mSATA/mPCIe  拡張スロット
  • GbE x2、UART x2、16 DIO、拡張ソケット x2

 

製品の詳細 ▶

EPC-U3233

EPC

 

  • 最大32GB DDR4 SO-DIMM
  • 2x HDMI、2x LAN、2x USB 3.2 Gen2 x1、4x COM、16-bit GPIO
  • 3x M.2拡張スロットを容易に取り付け可能

 

製品の詳細 ▶

EPC-C301

EPC

 

  • 最大32GB DDR4 SODIMM
  • GbE x4、CANBus x2、UART x4、拡張ソケットx4
  • HDMI + DP (MIO拡張)による2つの独立表示出力

 

製品の詳細 ▶

この他にも2022年4月時点で32機種のラインナップを発売。
詳しくは弊社ウェブサイトにて紹介しております。

アドバンテック Ubuntu認証済みPCラインナップhttps://advantech-tj.co.jp/topics/eiot/21246

関連情報